サーフィンをしに行こう>ワックスの必要性

ワックスの必要性

サーフィンでのワックスは滑り止めのことを指します。
これを塗らないと、ツルツルとしたボードの上に乗らなくてはなりません。
それでは、滑って乗れないのでワックスと付けるのです。

ワックスの選び方

飛び抜けて使いやすいというものはありませんが
使い勝手のいいのは、下に塗るベースコートと上に塗るトップコートと別れているものです。

ワックスの塗り方

特に、決まった塗り方はありません。
ですが、初心者の方はより滑りが悪いほうがいいのでゴツゴツしてたほうがいいですね。
おすすめはベースコートを一方通行ではなく交差するように塗り重ねていくやり方です。
そうすることで、ゴツゴツしたコートが出来上がります。
トップコートは軽くまんべんなく塗る程度でいいでしょう。
ワンシーズンは、海に入る前にトップコートを重ね塗りする程度でOKです。

ワックスの剥がし方

これは、専用のヘラと専用のリムーバー液という有機溶剤を用意しましょう。
まず、専用のヘラでゴシゴシとワックスを取っていきます。
綺麗にとれたら、専用のリムーバー液を染み込ませたキッチンペーパーで取りきれなかったワックスを溶かし取っていきます。
リムーバー液の拭き取りは、3回ほど繰り返したほうが綺麗に取り除けます。
最後に、乾いたキッチンペーパーで拭けが完了です。
有機溶剤ですので、必ず換気のいい場所で行うようにしましょう。
ただし、続けて次のワックスを塗ることはできません。
完全が乾いてからワックスを塗りましょう。