サーフィンをしに行こう>ウェットスーツ選び

ウェットスーツ選び

ウェットスーツは冬のサーフィンでは必需品
正しい知識で、選んで自分にあったウェットスーツを買いましょう。

ウェットスーツの選び方

まずは、フルスーツという手首、足首まである長袖長ズボンのスーツがいいでしょう。
生地の厚さは秋や春は3mmが主流です。
ですが、3mmでは真冬では意味がありません。
真冬でもサーフィンを楽しみたい方は、真冬用の生地の厚さが5mmのものも用意することをおすすめします。
フルスーツ意外のも揃えたくなってきたら、
スプリングという、半袖半ズボンのスーツを用意するといいでしょう。

ウェットスーツの着方

ウェットスーツは乾いてる状態で着ましょう。
濡れてる状態ですと、思うように着れません。
そして、ウェットスーツは海水が入ることによって効果が発揮されます。
最初に海入ったときに、海水が入ってきても心配しないで大丈夫です。

ウェットスーツの保管方法

ウェットスーツを脱いだらすぐに冷たい真水で洗いましょう。
これと怠るとジッパーの部分にだんだん塩が詰まって閉めづらくなります。
絶対にやってはいけないのが、温かいお湯で洗ってはいけません。
繋ぎ目に使われている、接着剤が溶けてしまいます。
寒くても、冷水で洗いましょう。
そして、保管は必ず針金ではなく、しっかりと形をしたハンガーでぶら下げて保管しましょう。
たたんで保管してしまいますとゴムの部分がつぶれてしまい破れやすくなってしまいます。
そして、注意してほしいのは直射日光は避けて保管しましょう。